現金を手に入れるには!クレジット現金化からほかの方法まで!
Home » 現金入手法 » フリマアプリで現金化
現金入手法 | 03月08日更新

フリマアプリで現金化

家にあるもので要らないもの、使わないものは、ネットのオークションやフリーマーケットに出品して現金化してしまいましょう。
オークションの定番と言えばヤフオクです。
事業者向けのストア出品もあります。
出品するためにはプレミアム会員にならなければいけません。
その他落札手数料や販売手数料がかかります。

自分には不要なものでも、ある人にとってはのどから手がでるほどほしいものである場合もあり得ます。
まずは商品の取引相場を知ることができるサイトへアクセスして自分が出品しようとする商品の落札価格を調べておきましょう。

最近ではスマートフォンの普及が進み、フリーマーケットのネット版、いわゆる「フリマアプリ」が1012年後半から続々と登場し始めました。
スマホで商品を撮影して簡単に出品ができる手軽さがうけて、さまざまな特徴を持ったサービスが次々と登場し、新たな市場を作り出しています。
ポイントは売買がスムーズに行われるシンプルな仕組み、個人間取引なので消費税がかからないこと、決済代行による安心な取引を実現している点です。
さらにオークションのように価格が変動する間の時間や、商品の相場を調べたりする手間がかかりません。

デメリットとして、個人間の取引は詐欺のリスクがあります。
料金を払ったのに商品が届かない場合等、お店の取引とは違ってトラブルに合いやすい可能性があります。
しかし、現在公開されているフリマアプリのほとんどは、商品代金を一旦サービス提供企業に預け、商品を受け取ってから支払われるシステムを取ることで、取引のリスクを回避しています。
また、出品者の本人確認を必須にしているところも多く、安心して取引ができる一因となっています。
フリマアプリの出品は無料ででき、取引成立の時のみ手数料が発生するのが一般的ですが、最近は手数料を無料にしているところもあります。

フリマで商品を売るコツは、商品をきれいにみせることです。
ただし傷等ははっきり見えるように写真を撮って下さい。
写真の撮り方もキレイな方が売れます。
加えて出品は少ないより多い方が人の目にもとまって買ってもらいやすいです。