現金を手に入れるには!クレジット現金化からほかの方法まで!
Home » 現金入手法 » クレジットカード現金化の注意点
現金入手法 | 03月08日更新

クレジットカード現金化の注意点

クレジットカードを現金化する上で最も注意しなければならないことは、悪徳業者に捕まらないことです。
過去にあったトラブルの例を挙げてみましょう。

商品を購入した後に高額の手数料を請求された。
支持通り商品を購入したのに、希望額が振り込まれていない。
これらは電話連絡があった際、決済前の事前説明が詳しくされていない、または自分がよく理解していないにも関わらず購入の意思を見せてしまったことによるトラブルです。
手続きをしたのに現金が振り込まれていない。
これは詐欺業者に申し込みをしてしまった場合の最悪のトラブルです。
申し込み欄にクレジットカード番号等の記入欄があり、記入してしまったため、スキミング被害にあった。
申し込み欄にクレジットカード番号等の記入欄があったらそれは悪徳業者です。
申し込みを取りやめましょう。

その他、悪徳業者を見抜く方法としては、ホームページや口コミをチェックすることがあげられます。
そのときの注意点はホームページに書いてあることを鵜呑みにしてはいけないということです。
換金率の相場は80%前後ですから、極端に高い換金率の表示には惑わされないようにしましょう。
また詳しいことを電話で問いあわせてみると、対応の仕方で、ある程度その業者の良し悪しはわかります。
加えて業者の所在地などの会社概要が載っていないホームページは悪徳業者の可能性が高いです。

口コミについては、換金率、振り込みスピード、接客応対、土日祝日対応、15時以降対応などで比較しながらよりよい業者を探しましょう。
手数料は、少数の業者は取らないところもあるようですが、基本的にはかかるものです。
なぜなら手数料を業者が負担すると、業者の利益率が下がってしまい、現金化業界で生き残っていけなくなるからです。
この手数料でも優良業者と悪徳業者は差があります。
優良業者は妥当な手数料しか取りませんが、高い換金率をうたって、手数料を高くとる手口は悪徳業者です。